西宮北口|更年期障害・自律神経失調症・PMSなら女性ホルモンバランスケア

自律神経失調症について

西宮北口の自律神経失調症治療

自律神経失調症になられた方の多くは何らかの精神的なストレスを抱えており、それが大きな原因となって自律神経失調症の様々な症状が出ています。
頭痛、肩こり、不安神経症、動悸、息切れ、精神性異常発汗、不整脈、手足の冷え、悪心、倦怠感、不眠症など複数の症状を伴っています。

直接的な治療が無く、薬物療法がメインとなるので来院された、ほとんどの方は心療内科などの医療機関を受診され薬物療法(安定剤、抗うつ剤、睡眠導入剤)をされています。
薬で症状も緩和して体調も回復する方もいれば、中には逆に意識がボーッとしてしまい頭も重く、不安が増大してしまうといった方もおられます。

先日お越しになられた患者様も薬を処方されて飲まれていましたが、頭痛や肩こりも辛く、頭がボーッとして記憶が曖昧になったりするので、薬が怖くなり鍼灸やマッサージで治療しようとの事でした。

東洋医学ではストレスからの自律神経失調症は過度な感情の乱れが、カラダの陰陽のバランスを大きく乱して体調不良を引き起こすと考えられています。
逆にゆうと、体調不良はカラダの陰陽のバランスが崩れているとゆうことです。

自律神経失調症には様々な症状があり、症状の強弱も人それぞれです。
同時に多数の症状が現れたり、一つの症状が治っても別の症状が現れたりする症状は実に多岐に渡ります。
それでも多くの不定愁訴の症状は治療とともに改善します!
当サロンで自律神経失調症改善のために一緒に頑張っていきましょう。

自律神経失調症とは

自律神経は、私たちのカラダを24時間休むことなくコントロールしている司令塔です。

心臓の鼓動、呼吸、消化、代謝、内臓の動き血管の収縮・拡張、ホルモン分泌など無意識に私たちのカラダを動かしているのは、すべて自律神経の働きによります。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経は、脳やカラダが動く日中に働き、緊張や興奮した時に活発に動きます。
副交感神経は、睡眠や食事の時(内臓の動き)に働き、リラックスした時に活発に動きます。

この活動と休息のスイッチが、環境に合わせて自動的に切り替わることができなくなりバランスを崩してしまうと全身に様々な不調が現れる自律神経失調症になってしまいます。

また心的ストレスから起こる事が多く、カラダのどこかに原因があるわけでもないので、『自律神経失調症ですね』と診断されることもあります。

自律神経失調症を引き起こす原因

・仕事や人間関係の悩みなどによるストレス
・不眠などで生活リズムが不規則による自律神経の興奮、脳の疲労
・思春期や更年期、出産後などが原因のホルモンバランスが不規則になっている人
・冷え性や虚弱体質など体質的に自律神経系がもともと不安定な方
・内臓機能の低下
・暑さや寒さ、空気汚染などの外的ストレス
・姿勢による筋肉の過緊張、首・背中の圧迫、脳圧の上昇
・東洋医学的では”肝鬱気滞””肝気犯脾””気虚”

自律神経失調症の分類

自律神経失調症の症状は、身体的な症状と精神的な症状に大きくわけられます。

本態性自律神経失調症:産まれつき自律神経が未発達な体質で、幼児期から立ちくらみなどの症状が多いです。ストレスの影響は、あまり受けていません。

神経症型自律神経失調症:自律神経機能の障害が少ないが症状の訴えは多く、心理的なことに影響されやすく、社会的因子が強く関係している

心身症型自律神経失調症:日常生活のストレスによって自律神経のバランスをを崩してしまったタイプ。心理・社会的因子の双方の影響が強く、もっともよくあるタイプです。

抑うつ型自律神経失調症:心身症型自律神経失調症が悪化したタイプで、慢性化したストレスによって頭痛や不眠等の身体症状が現れるタイプ。

自律神経失調症に伴う不定愁訴

●疲労感・倦怠感
身体が疲れやすい、朝起きられない
●頭
頭痛、頭が重い、ふらつく、めまい、立ち眩み
●体温異常
冷や汗、微熱、低体温など
●睡眠異常
不眠、日中に眠気がくる
●耳・喉・口の症状
耳鳴り、喉の異物感、口が渇くなど
●胸部の異常
動悸、息切れ、胸やけ、圧迫感、過呼吸など
●胃腸の異常
胃腸障害、腹部膨満感、吐き気、便秘、下痢、ガスが溜まる
●下腹部の症状
生理不順、頻尿、残尿感など
●手足の異常
手足のしびれ、冷え、ほてり、震え
●筋肉・関節
首や肩の背中の凝り、関節痛など
●皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ、多汗
●精神的な症状
人間不信、情緒不安定、不安感やイライラ、被害妄想、抑うつ気分、やる気が出ない

自律神経失調症とホルモンバランス

自律神経失調症はホルモンとの関係が深く、男性よりも女性の発症率が高くなっています。
女性は生理や妊娠、出産など、ホルモンバランスを崩しやすい傾向にあるためで、自律神経失調症と更年期障害は似ている部分が多くあります。

女性が自律神経失調症になりやすいのは、一生涯ホルモンと関わりあって生活をしているためで、常にホルモンの影響を受けているからです。

自律神経をコントロールしている視床下部の近くに、ホルモンを分泌している脳下垂体があります。
視床下部は、脳下垂体のコントロールもしているため、ホルモンバランスが崩れると自律神経に影響を及ぼし、自律神経のバランスが崩れるとホルモンに影響を与えてしまいます。

また、妊娠・出産の時期以外にも思春期や更年期の時期はホルモンの分泌が不安定な状態になり、自律神経失調症になりやすくなってしまいます。

女性ホルモンバランスケア

ホルモンバランスの崩れからくる様々な症状にアプローチにしていく女性ホルモンバランスケア
当サロンでは、お一人おひとりの体調や症状、悩みに応じて、鍼灸、経絡リンパマッサージ、アロマ、整体、ストレッチなど…不調箇所に応じて最善のものを選択しアプローチしていきます。

一つの手技での得られる効果には限界がありますが、それぞれの手技を有効的に活用し多角的なアプローチを行うことで、より高い効果を目指しホルモンバランスを整えていく専門のコースになります。

鍼灸がどうしても怖い苦手な方は鍼灸なしでの施術もうけたまわっておりますので、お気軽にお問合せ下さいね

関連記事

自律神経失調症とホルモンバランス

多くの方が抱えている「ストレス」 ストレスは目に見えるものではないのでひじょ~に曲者。 自分の身体に…続きを読む ≫

自律神経失調症改善に向けて『労わる』

労わる 自分のことは、何でも自分で解決しようとする。 他力本願よりずっといいですし、しっかりしている…続きを読む ≫

自律神経失調症に女性ホルモンバランスケア

肉体的疲労より精神的疲労が原因の自律神経失調症 肉体的疲労は睡眠とることである程度解消されますが、精…続きを読む ≫

自律神経失調症改善に向けて『焦らない』

焦らない 自律神経失調症を発症し、仕事をするのが辛い、家事ができないなど、普段の生活で支障をきたすこ…続きを読む ≫

自律神経失調症にアロマテラピー

副交感神経の機能を高める腹式呼吸 この腹式呼吸をセルフケアでする時におすすめしたいのが、アロマテラピ…続きを読む ≫

自律神経のバランスを整える深呼吸

子供から年配の方まで誰でも今すぐ始められる” 呼吸 “ ゆ~っくりと深い息を…続きを読む ≫

  Top