西宮北口|更年期障害・自律神経失調症・PMSなら女性ホルモンバランスケア

自律神経失調症にハンドマッサージ

西宮北口の自律神経失調症治療

交感神経と副交感神経のバランスをとる視床下部。
この脳にある視床下部がストレスを感じとることで交感神経が優位になってしまい、自律神経失調症症状が現れてしまいます。

この脳にアプローチするのに、効果的なハンドマッサージ

手には反射区というカラダの諸気管に対応する部分が多数あります。
この反射区を刺激することによって間接的に、その刺激を体内の諸気管に送り活性化させ人間が本来持つ自然治癒力、抵抗力、免疫力、を引き出す事ができる優れた健康方法です。

そして「手は第二の脳」「手は健康の見える窓」と言われるように脳と密接に結びついており手の刺激することによって脳の働きを活性化します。
ハンドマッサージでカラダの不調を自らの力で改善、予防するお手伝いをさせていただきます。

女性ホルモンバランスケア(ハンドマッサージ)

女性ホルモンバランスケアで行う手技のハンドマッサージはアロマオイルを使い、手にあるツボや、反射区を刺激し血行促進、乾燥した手に潤いを与えていきます。

強さ加減をお聞きして、お客様のベストの強さで施術を行うようにしていますので、お聞きしましたら心地よい強さを教えて下さいね

関連記事

ハンドマッサージでホルモンバランス調整

女性ホルモンバランスケアの手技(ハンドマッサージ)の紹介 足裏に反射区(カラダの各部位を反映)がある…続きを読む ≫

  Top