西宮北口|更年期障害・自律神経失調症・PMSなら女性ホルモンバランスケア

更年期障害に鍼灸治療

西宮北口の更年期障害治療

40代後半ぐらいから始まる更年期障害。
閉経に向けホルモンバランスが乱れることで、月経不順(月経周期の乱れ、経血量の変動)、下腹部痛などが起こります。

更年期障害の症状が強く出る方では、ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)、冷え性、息切れ、動悸、めまい、耳鳴り、頭痛、不眠、肩こり、腰痛、イライラ、不安、恐怖、パニック、物忘れ、うつ、倦怠感、吐き気、嘔吐などなど自律神経失調症症状も多数みられます。

これらの症状に有効な鍼灸治療。

鍼灸治療は、カラダに鍼を刺し皮膚や筋肉を刺激することで、血流の改善、鎮痛作用、筋肉の緊張の緩和、自律神経・ホルモンバランスの調整・内臓機能を高める、自然治癒力を高めるなどの効果があります。

更年期障害による不快な症状が改善するだけでもメンタル面が安定し、心身にとって良い循環になってきます。
副作用のない鍼灸治療を始めましょう。

女性ホルモンバランスケア(鍼灸)

女性ホルモンバランスケアで行う手技の鍼灸治療は、更年期障害、それに伴う自律神経失調症症状に対応したツボや経絡の流れを整え、ホルモンバランスの乱れを改善させていきます。

鍼灸がどうしても怖い苦手な方は鍼灸なしでの施術もうけたまわっておりますので、お気軽にお問合せ下さいね

関連記事

自律神経失調症に鍼灸治療

人のカラダには、『生命力』『自然治癒力』と呼ばれる、とても高性能な自動調整機能が備わっています。 そ…続きを読む ≫

鍼灸でホルモンバランスを調整

女性ホルモンバランスケアの手技(鍼灸)の紹介 ホルモンバランスの崩れ、自律神経の乱れ 一番の原因はス…続きを読む ≫

  Top