西宮北口|更年期障害・自律神経失調症・PMSなら女性ホルモンバランスケア

更年期障害にリラクゼーションマッサージ

西宮北口の更年期障害治療

更年期症状に伴う自律神経失調症症状。
目の疲れ、めまい、耳鳴り、立ちくらみ、不眠、口の乾き、喉のつまり、手足のしびれ、痛み、冷え、汗をかく、カラダのかゆみ、頻尿、微熱
体のだるさ、食欲低下、気分の落ち込み、不安になる、イライラ、息苦しい、腹痛、下痢、便秘、頭痛、肩こり…
これらの症状は自律神経のバランスが崩れることによって起こります。

自律神経は『交感神経』と『副交感神経』からなり、これがシーソーように切り替わるのが正常な状態なのですが、日頃からのストレスや環境の変化で交感神経が優位になってしまうと自律神経を乱し上記のような症状が起こります。

この自律神経を自分の意志でコントロールできればいいのですが、残念なことにできません。
なので、意識的にリラックスすることがとても大事になってきます。

何かと忙しい毎日とは思いますが、心身をリラックスさせ副交感神経優位な時間を作りましょう。

女性ホルモンバランスケア(リラクゼーションマッサージ)

女性ホルモンバランスケアで行う手技のボディケアはゆったりとしたリズムと心地よい刺激の持続圧でカラダの緊張を緩め、ホルモンバランス、自律神経のバランスを整えていきます。

強さ加減をお聞きして、お客様のベストの強さで施術を行うようにしていますので、お聞きしましたら心地よい強さを教えて下さいね

関連記事

リラクゼーションマッサージでホルモンバランス調整

女性ホルモンバランスケアの手技(リラクゼーションマッサージ)の紹介 リラクゼーションサロンで行われる…続きを読む ≫

  Top